1.

図書

図書
Fénelon ; édition établie par Jacques Le Brun
出版情報: [Paris] : Gallimard, c1983-
シリーズ名: Bibliothèque de la Pléiade ; 307, 437
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Fénelon ; chronologie et introduction par Jeanne-Lydie Goré
出版情報: Paris : Garnier, 1968
シリーズ名: Garnier Flammarion ; 168 . Texte integral
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
フェヌロン著 ; 志村鏡一郎訳
出版情報: 東京 : 明治図書出版, 1960.9
シリーズ名: 世界教育学選集 ; 11
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
フェヌロン著 ; 朝倉剛訳
出版情報: 東京 : 現代思潮社, 1969
シリーズ名: 古典文庫 ; 26-27
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
鶴岡賀雄, 村田真弓, 岡部雄三訳
出版情報: 東京 : 教文館, 1990.6
シリーズ名: キリスト教神秘主義著作集 ; 15
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
霊の導き ミゲル・デ・モリノス
奔流 ギュイヨン夫人
聖書の神秘的解釈
愛の諸相をめぐる十五の詩篇 ジャン=ジョゼフ・スュラン
純粋な愛についての考察 フェヌロン
霊の導き ミゲル・デ・モリノス
奔流 ギュイヨン夫人
聖書の神秘的解釈
6.

図書

図書
フォントネル [著] ; 赤木昭三訳 . フェヌロン [著] ; 二宮フサ訳 . ラオンタン [著] ; 川合清隆訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1998.5
シリーズ名: ユートピア旅行記叢書 ; 4 . ヨーロッパ精神の危機の時代||ヨーロッパ セイシン ノ キキ ノ ジダイ ; 2
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
中丸宣明 [ほか] 校注
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.1-2013.1
シリーズ名: 新日本古典文学大系 ; 明治編 ; 14-15
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1: 欧州小説 哲烈禍福譚 フェヌロン [著] ; 宮嶋春松訳 ; 中川久定, 峯村至津子, 秋山伸子校注
天路歴程 意訳 バニヤン [著] ; 佐藤喜峰訳 ; 齋藤希史校注
仇結奇の赤縄 西洋娘節用 シェイクスピア [著] ; 木下新三郎訳 ; 渡辺喜之校注
2: 新説八十日間世界一周 ジュール・ヴェルヌ [著] ; 川島忠之助訳 ; 岡照雄, 清水孝純, 中丸宣明校注
露国奇聞花心蝶思録 プーシキン [著] ; 高須治助訳述 ; 服部誠一校閲 ; 服部誠一校閲
和蘭美政録 クリステメイエル [著] ; 神田孝平訳 ; 高橋修, 松田清校注
探偵ユーベル ヴィクトル・ユゴー作 ; 森田思軒訳 ; 高橋修校注
1: 欧州小説 哲烈禍福譚 フェヌロン [著] ; 宮嶋春松訳 ; 中川久定, 峯村至津子, 秋山伸子校注
天路歴程 意訳 バニヤン [著] ; 佐藤喜峰訳 ; 齋藤希史校注
仇結奇の赤縄 西洋娘節用 シェイクスピア [著] ; 木下新三郎訳 ; 渡辺喜之校注
8.

図書

図書
福井芳男 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1965.11
シリーズ名: 世界文學大系 ; 96
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
言葉を豊かにする計画 フェヌロン
詩法の計画 フェヌロン
リチャードソン頌 ディドロ
北方文学と南方文学 スタール夫人
『クロムウェル』の序文(抄) ユゴー
ウォルター・スコットと『クレーヴの奥方』 スタンダール
『モーパン嬢』の序文 ゴーティエ
初稿『感情教育』より フロベール
冒険小説論(抄) リヴィエール
「純粋小説」をめぐって ジイド
シュールレアリスム宣言(抄) ブルトン
『善意の人々』序 ジュール・ロマン
不信の時代 サロート
未来の小説への道 ロブ=グリエ
劇詩論(抄) ドライデン
『抒情民謡集』序文 ワーズワス
シェイクスピア論 コウルリッジ
詩の擁護 シェリー
現下における批評の任務 アーノルド
『ルネッサンス』の序 ペイタア
『ルネッサンス』の結論 ペイタア
現代小説 V・ウルフ
詩の分析 リチャーズ
詩における劣悪 リチャーズ
文学のサンキュロティスム ゲーテ
叙事詩と戯曲について ゲーテ
若い詩人たちのために ゲーテ
さらに一言若い詩人たちのために ゲーテ
悲劇における合唱団の使用について シラー
ゲーテの『マイスター』について F・シュレーゲル
作家と空想 フロイト
文学上の評価と解釈 カイザー
解釈の方法 シュタイガー
芸術家と社会 トーマス・マン
詩の成立について エンツェンスベルガー
『草の葉』初版の序文 ホイットマン
「高踏派」と「通俗派」 ブルックス
傷と弓 E・ウィルソン
現代の文学者 アレン・テイト
批評家の責任 マシセン
文学ということばの一般的意義 ベリンスキイ
『幼年時代および少年時代』『Л・Н・トルストイの軍隊短篇小説集』 チェルヌィシェフスキイ
ハムレットとドン・キホーテ ツルゲーネフ
バザーロフ(抄) ピーサレフ
プーシキン ドストエフスキイ
十九世紀後半のロシア文学における新しい観念論の端緒 メレシュコフスキイ
ソヴェト文学(抄) ゴーリキイ
詩論(抄) クローチェ
芸術から人間を追い払う(抄) オルテーガ
知識人の責任について ルカーチ
健康な芸術か病的な芸術か? ルカーチ
言葉を豊かにする計画 フェヌロン
詩法の計画 フェヌロン
リチャードソン頌 ディドロ