1.

図書

図書
大島和夫 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2015.12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
マックス・ヴェーバーにおける法の社会学的存在構造 : 「改訂稿」をテクストとして 水林彪著
川島武宜の転換 : 1951~1955年 高橋裕著
立法者の判断(利益衡量)と法解釈 : 法的論理に関する覚書 田中教雄著
「ナチス期における所有権思想」再考 : 持続可能社会における土地所有権論の視角から 楜澤能生著
労働法社会学 : 学問史の一素描 石田眞著
民科法律と法学 大島和夫著
現代スポーツにおける法と道徳と政治 : 三領域の共通原理としてのフェアネス 中村浩爾著
国家法人と個人 : 日本国の戦争犯罪をめぐる 笹倉秀夫著
安全保障関連法案と「戦後日本秩序」 小沢隆一著
「国の存立」論と政府の憲法解釈 : 「自衛の措置」論を中心に 浦田一郎著
「7.1閣議決定」と安全保障関連法 水島朝穂著
憲法に対する愛着と懐疑 阪口正二郎著
法治の中の自治、自治の中の法治 : 国・自治体間争訟における法治主義のあり方を考える 白藤博行著
区域・政治・法 : 八重山教科書問題をめぐって 阿部昌樹著
再審請求審における共犯形態「変更」の問題点 : 姫路郵便局事件を素材に 松宮孝明著
性売買規制法の国際的動向 : 北欧モデルの可能性 中里見博著
ロシアの体制移行過程における憲法構想の諸相 : サラトフ草案の立ち位置とその意味 竹森正孝著
時効法改革と民法典の現代化 松本克美著
不動産法序説 今村与一著
福島原発事故以降の原発差止め訴訟 : 大飯3・4号機差止め訴訟福井地裁判決を中心に 神戸秀彦著
再生可能エネルギー発電設備の立地規制 : 太陽光発電設備を中心として 高橋寿一著
生命保険契約における無催告失効条項と督促実務 安井宏著
契約法理論から見た解雇規制法理 吉村良一著
雇用と労働者像の多様化? 和田肇著
男女共同参画条例に基づく「苦情処理」の意義 浅倉むつ子著
司法への市民参加と文化ギャップ : ベルギーと台湾の調査からの問い 尾崎一郎著
「独立した」検事総長の誕生 : ポーランドにおける候補者市民モニタリングの試み 小森田秋夫著
弁護士人口の拡大と依頼者層 : 世界の動向と日本 佐藤岩夫著
弁護士の預り金口座と「3つの隔離」 : 法曹倫理と信託法理の交錯 松本恒雄著
法律家の国際連帯と平和への権利 新倉修著
マックス・ヴェーバーにおける法の社会学的存在構造 : 「改訂稿」をテクストとして 水林彪著
川島武宜の転換 : 1951~1955年 高橋裕著
立法者の判断(利益衡量)と法解釈 : 法的論理に関する覚書 田中教雄著
2.

図書

図書
青柳幸一編
出版情報: 東京 : 信山社出版, 2006.11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
上巻: ドイツ基本法1条1項「人間の尊厳」論の「ゆらぎ」 : 憲法における人間 青柳幸一 [著]
眠れる通商条項とアメリカ連邦最高裁 : Granholm v. Healdを手がかりに 藤井樹也 [著]
ドイツにおける個人情報保護の実際 : わが国の過剰反応問題を考える一視座 藤原静雄 [著]
租税条約の濫用防止 中山清 [著]
責任無能力と運行供用者責任 藤村和夫 [著]
「成年後見の社会化」の進展と新たな立法課題 : 社会化の日独比較を含めて 上山泰 [著]
労働者は消費者か? : 消費者契約規制と労働契約との関係に関する一考察 丸山絵美子 [著]
貸金業規制法43条「みなし弁済」の適用要件である18条1項の「直ちに」の意義 平出慶道 [著]
転リースと民法613条 弥永真生 [著]
手形無因論の相対化 : プラントル理論の紹介と検討 庄子良男 [著]
株式買取請求権制度における「公正な価格」の意義 : シナジー分配の問題を中心として 柳明昌 [著]
敵対的企業買収と予防策・防御策 : わが国の近時の法状況にみられる理論的課題 徳本穰 [著]
国際的合併の法的考察 大塚章男 [著]
下巻: ガイウスと要件事実 : 法律訴訟の時代 三井哲夫 [著]
将来の権利関係の確認訴訟における即時確定の利益についての一考察 村上正子 [著]
民事訴訟における公務文書の文書提出命令制度 : 一般義務化と公務秘密文書・刑事訴訟関係書類の除外 秋山幹男 [著]
民事訴訟における不利益陳述の取扱いについての若干の考察 北秀昭 [著]
「民事裁判における事実認定と事案解明」点描 : 若干の事例と理論の変遷に沿って 春日偉知郎 [著]
司法研修所での実務教育(民事系統)を法科大学院における法学教育にいかに活用するか 植草宏一 [著]
オーストリアにおける法人ないし団体処罰の新立法について : 法人の刑事責任に関する予備的考察 岡上雅美 [著]
自白の証拠能力判断の簡明化に関する試論 小幡雅二 [著]
社会保険料と租税に関する一考察 : 社会保険の対価性を中心として 江口隆裕 [著]
日米構造問題協議と独占禁止法 : 独禁法の強化はいかにして可能となったか 平林英勝 [著]
市場経済システムと「消費者私法」 : 経済法の視野からみた場合の配置図 佐藤一雄 [著]
著作権侵害の責任主体についての比較法的考察 : P2Pの問題を中心として 潮海久雄 [著]
信託と特許権 新井誠 [著]
上巻: ドイツ基本法1条1項「人間の尊厳」論の「ゆらぎ」 : 憲法における人間 青柳幸一 [著]
眠れる通商条項とアメリカ連邦最高裁 : Granholm v. Healdを手がかりに 藤井樹也 [著]
ドイツにおける個人情報保護の実際 : わが国の過剰反応問題を考える一視座 藤原静雄 [著]
3.

図書

図書
名古屋学院大学法学部
出版情報: 名古屋 : 名古屋学院大学法学部, 2014.9
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
上智大学法学会編
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2008.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ドイツ国際不法行為における被害者の決定権 出口耕自著
19世紀後半の陸戦法規の法典化における軍事的必要性の概念 江藤淳一著
海難事故時の船員の公正な処遇に関するIMO/ILOガイドライン : 海洋汚染に対する環境刑法の適用が提起する問題 小塚荘一郎著
ドイツ原子力法における危険概念 : 1980年前後の判例・学説 桑原勇進著
ドイツ近代労働法黎明期の労働訴訟 : ヴォルムス営業裁判所を例に 松本尚子著
UNIDROIT国際商事契約原則の現状と意義 森下哲朗著
1907年ハーグ密使事件の遺産 村瀬信也著
国家責任法の誕生 : 国際法における責任原則とその適用対象の一般化 西村弓著
国内法における「国際法の一般原則」の利用 : フランス法を中心として 滝沢正著
法曹倫理における「利益相反」 更田義彦著
中世末期における保証人の事前求償権 : 民法460条2号の形成史 福田誠治著
株主代表訴訟における代表の適切性 : 判決効拡張の正当化根拠の観点を中心にして 原強著
日本の家族序説 加藤雅信著
メディアの自己規律について : 放送法改正法とBPO 楠茂樹著
「受領遅滞による増加費用」の意味と請求の根拠規定 : 485条但書と413条との関係の考察 奥冨晃著
民法177条と悪意の第三者 : 単純悪意者排除説に対する疑問 辻伸行著
国政運営における政策形成機能について : 「国権の最高機関」と「国務を総理すること」の間 矢島基美著
企業環境法と持続可能な社会の実現 吉川栄一著
ドイツ国際不法行為における被害者の決定権 出口耕自著
19世紀後半の陸戦法規の法典化における軍事的必要性の概念 江藤淳一著
海難事故時の船員の公正な処遇に関するIMO/ILOガイドライン : 海洋汚染に対する環境刑法の適用が提起する問題 小塚荘一郎著
5.

図書

図書
一橋大学法学部創立50周年記念論文集刊行会編
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2001.11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
グロティウスと二〇世紀における国際法思想の変容 山内進著
法概念論は何を問題にしているのか、またすべきなのか? 森村進著
「比較法文化論」の研究方法と講義内容について 青木人志著
エミリー・ケンピン=シュピーリ研究序説 : 没後一〇〇年を機に 屋敷二郎著
平和憲法と「人道的介入」論 山内敏弘著
政府の集団的安全保障論 : 武力行使との一体化論を中心に 浦田一郎著
法定外地方税における地方団体の課税権とその限界 水野忠恒著
道路計画と情報公開 : ドイツの現状と将来 山田洋著
国立公文書館における公文書等の保存管理とその公開 : 情報公開法との関係において 高橋滋著
刑法における違法性と社会的相当性 橋本正博著
遺伝子情報と生命保険契約 石原全著
親責任及び子の保護措置についての管轄権、準拠法、承認、執行及び協力に関するハーグ条約 横山潤著
カンボディア王国への民事訴訟法起草支援事業について 上原敏夫著
侵害された利益の正当性 : フランス民事責任論からの示唆 中田裕康著
二重効 : 契約の無効・取消および契約の終了・解除 小野秀誠著
会社法と経済政策の関係について 山部俊文著
公開買付けをめぐる戦術的訴訟および経営者の防御手段に対するイギリスの規制について : 自主規制と株主保護の一側面 野田博著
申込概念の検討 : 国際取引法の動向を参考にして 滝沢昌彦著
アメリカのベンチャー・キャピタル契約のメカニズム : ベンチャー・キャピタル・ファイナンスにおける交渉の力学把握のために 仮屋広郷著
グローバリゼーションとグローバル・ガバナンス 大芝亮著
国際社会における"Constitution"の概念 : 国際連合憲章は国際社会の憲法か? 佐藤哲夫著
冷戦史研究の再検討 : グローバル・ヒストリーの構築に向けて 田中孝彦著
ジェンダー・開発・国際関係 : 二一世紀型アプローチの模索 前田眞理子著
グロティウスと二〇世紀における国際法思想の変容 山内進著
法概念論は何を問題にしているのか、またすべきなのか? 森村進著
「比較法文化論」の研究方法と講義内容について 青木人志著
6.

図書

図書
日本大学法学会編
出版情報: 東京 : 日本大学法学会, 1961
所蔵情報: loading…