>> Google Books

タイトルと所在が表示されます

江戸の食文化

フォーマット:
図書
責任表示:
江戸遺跡研究会編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 吉川弘文館, 1992.1
形態:
5, 309p, 図版[8]p ; 22cm
著者名:
江戸遺跡研究会 <DA03359943>  
目次情報:
江戸の食生活と料理文化 原田信男著
江戸時代の陶磁史と社会動向 矢部良昭著
江戸で使用された瀬戸美濃窯産の食器 仲野泰裕著
出土陶磁器に探る食文化 西田泰民著
近世「徳利」の諸様相 : 瀬戸・美濃産灰釉系徳利をめぐる形式学的考察 長佐古真也著
焙烙の変遷 辻真人著
焼塩壺 渡辺誠著
大名屋敷出土の焼塩壺 小川望著
漆椀の製作と民俗 須藤護著
近世の漆椀について : その器種と組み合わせを考える 中井さやか著
江戸時代初期の宴会の食器類 : 東京大学医学部付属病院中央診療棟建設予定地点「池」出土の木製品 萩尾昌枝著
江戸時代の動物質食料 : 江戸の街から出土した動物遺体からみた 金子浩昌著
加賀藩上屋敷「御貸小屋」における食生活の一端 秋元智也子著
遺跡出土の動物遺体からみた大名屋敷の食生活 : 動物遺体分析の成果と問題点 桜井準也著
「江戸遺跡研究会」第一回大会全体討議録
江戸の食生活と料理文化 原田信男著
江戸時代の陶磁史と社会動向 矢部良昭著
江戸で使用された瀬戸美濃窯産の食器 仲野泰裕著
出土陶磁器に探る食文化 西田泰民著
近世「徳利」の諸様相 : 瀬戸・美濃産灰釉系徳利をめぐる形式学的考察 長佐古真也著
焙烙の変遷 辻真人著
続きを見る
書誌ID:
BN07069000
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

江戸遺跡研究会

柏書房

江後, 迪子

弦書房

旅の文化研究所

河出書房新社

魚柄, 仁之助(1956-)

朝日新聞社

江原, 絢子(1943-), 石川, 尚子(1942-), 大久保, 洋子(1943-)

アイ・ケイコーポレーション

駒沢大学考古学研究室, 創価大学

創価大学出版会

江戸遺跡研究会

吉川弘文館

松浦, 勉(1952-), 越智, 信也, 西岡, 不二男, 村田, 裕子(1965-)

雄山閣

成城大学民俗学研究所

岩崎美術社

雄山閣出版

戸田, 博愛(1930-)

農山漁村文化協会

吉田, 元(1947-)

朝日新聞社