>> Google Books

タイトルと所在が表示されます

モダンとポストモダン

フォーマット:
図書
責任表示:
[小森陽一ほか執筆]
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 岩波書店, 2003.6
形態:
vii, 293p ; 22cm
著者名:
小森, 陽一(1953-) <DA01110795>  
シリーズ名:
岩波講座文学 / 小森陽一 [ほか] 編集委員 ; 12 <BA58835088>
目次情報:
まえがき : モダニズムとポストモダニズム 小森陽一著
モダニズムの構図: 既知のように語っていいのだろうか : モダニズム管見 高山宏著
閉じる、閉じない : (ポスト)モダニズムと大英帝国 富山太佳夫著
ポストモダンへの契機: テクノロジーと文学 : マーク・トウェインという名の分岐点 巽孝之著
暗いパロディ : フロイト現象としての村上春樹 小林正明著
「語ること」と「呼びかけること」とのあいだで : 言語の倫理性をめぐる思考のために 熊野純彦著
黒の脱構築 : ダンディズムからシャネルまで 山田登世子著
不在の殻 : 折口信夫の戦後 松浦寿輝著
モダニズムの諸相: 『シャンディ』と『ジャック』を読む : 道化的知性の残照 伊藤誓著
ジャン・パウエルを読む : 情報と文学のあわいに 今泉文子著
襞、そして律動する言葉 : アンドレイ・ベールイ『ペテルブルク』を読む 貝澤哉著
飛散してゆくイメージ : レサマ=リマの『パラディーソ』をめぐって 旦敬介著
『ユリシーズ』の死生観 道家英穂著
軟体と軍隊 : 萩原朔太郎「青猫体」とは何か 瀬尾育生著
まえがき : モダニズムとポストモダニズム 小森陽一著
モダニズムの構図: 既知のように語っていいのだろうか : モダニズム管見 高山宏著
閉じる、閉じない : (ポスト)モダニズムと大英帝国 富山太佳夫著
ポストモダンへの契機: テクノロジーと文学 : マーク・トウェインという名の分岐点 巽孝之著
暗いパロディ : フロイト現象としての村上春樹 小林正明著
「語ること」と「呼びかけること」とのあいだで : 言語の倫理性をめぐる思考のために 熊野純彦著
続きを見る
書誌ID:
BA62594371
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

小森, 陽一(1953-)

岩波書店

小森, 陽一(1953-)

集英社

小野, 紀明(1949-), 川崎, 修(1958-)

木鐸社

松葉, 一清(1953-)

鹿島出版会

柄谷, 行人(1941-)

福武書店

小森, 陽一(1953-)

有精堂出版

木原, 善彦(1967-)

平凡社

大橋, 洋一(1953-), Eagleton, Terry, 1943-

平凡社

鷲田, 清一(1949-)

中央公論新社

千石, 好郎(1936-)

法律文化社