誤判救済と刑事司法の課題 : 渡部保夫先生古稀記念

フォーマット:
図書
責任表示:
小田中聰樹 [ほか] 編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 日本評論社, 2000.12
形態:
667p, 図版1枚 ; 22cm
著者名:
小田中, 聡樹(1935-) <DA00469708>  
目次情報:
体験的誤判原因論 : 刑事司法の担い手とシステムに着目して 阿部泰雄著
虚偽自白の虚偽性がなぜ見抜かれないのか : もう一つの心理学のために 浜田寿美男著
冤罪者に対する賠償の法理 村重慶一著
自白偏重から脱却するために 荒木伸怡著
アメリカの刑事再審弁護士の提言 : 再び、アメリカの誤判は陪審のせいか 四宮啓著
キャリア裁判官の刑事陪審観 : 陪審は偏倚すれども法官は偏倚せず 下村幸雄著
「イギリス刑事事件再審委員会Criminal cases review commissions」の現状と課題 福島至著
陪審裁判と誤判 : 陪審と誤判との関連性をめぐって 指宿信著
誤判と再審 : フランス再審法の生成史素描 白取祐司著
実況見分調書問題と市民のための刑事司法 庭山英雄著
接見交通権の保障と信書の発受の秘密性 村井敏邦著
刑訴法三二一条一項二号書面の証拠調請求の時期的限界 村岡啓一著
刑事裁判と警察 萩原金美著
事実認定における検証(特に夜間検証)の重要性について : 先例に学ぶ覚書き 木谷明著
裁判官の有罪願望と事実認定 大塚喜一著
草加事件の事実認定とその教訓 守屋克彦著
目撃供述の信用性と心理学鑑定 : 模擬フィールド実験的アプローチを中心に 一瀬敬一郎著
司法制度改革審議会「中間報告」の評価基準 小田中聰樹著
犯罪論のあり方 鈴木茂嗣著
名誉毀損罪における「真実性の誤信」の扱い 丸山雅夫著
被害者の「自己答責性」と過失正犯 松宮孝明著
常習累犯窃盗罪における「常習性」 中島広樹著
中止未遂の減免根拠をめぐる近時の理論動向 城下裕二著
犯罪被害者の復権 : 被害者の法的地位に関する覚書き 小暮得雄著
被害者にやさしい刑事司法? : そのモデル的考察 吉田敏雄著
犯罪被害者の救済と破産手続 佐藤鉄男著
体験的誤判原因論 : 刑事司法の担い手とシステムに着目して 阿部泰雄著
虚偽自白の虚偽性がなぜ見抜かれないのか : もう一つの心理学のために 浜田寿美男著
冤罪者に対する賠償の法理 村重慶一著
自白偏重から脱却するために 荒木伸怡著
アメリカの刑事再審弁護士の提言 : 再び、アメリカの誤判は陪審のせいか 四宮啓著
キャリア裁判官の刑事陪審観 : 陪審は偏倚すれども法官は偏倚せず 下村幸雄著
続きを見る
書誌ID:
BA49709209
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

小田中, 聡樹(1935-)

日本評論社

川崎, 英明(1951-)

日本評論社

小田中, 聡樹(1935-)

日本評論社

渡部, 保夫(1929-)

岩波書店

小田中, 聡樹(1935-)

成文堂

渡部, 保夫(1929-)

勁草書房

伊藤, 和子

現代人文社, 大学図書 (発売)

渡部, 保夫(1929-)

潮出版社

小田中, 聡樹(1935-)

日本評論社

Kaiser, Günther, Kury, Helmut, 1941-, Albrecht, Hans-Jörg, 田口, 守一(1944-), 宮沢, 浩一(1930-), 高橋, 則夫(1951-)

成文堂

小田中, 聡樹(1935-)

信山社出版